入力支援システム
OCRの能力
スーパーコレクトとは?
財務会計でOCR
販売管理でOCR
勤怠管理でOCR
Scan to Mail OCR
書式サンプル
カスタムメード
導入事例
入力支援システムの応用
OCR入力代行サービス
FAQ
お問い合わせ
サイトトピックス


各種チラシ(PDF)はこちら



勤怠管理でOCR
 手書きの出勤簿を使って勤怠を管理されている人材派遣業やビルのメンテナンス業では、毎月の締め日になると入力作業に追われて戦場のような日々が続くそうです。 これらの業種では入力作業が完了しないと給与処理、派遣先への請求業務もできません。

勤怠管理の実情

 「大量の入力作業」が締め日に集中する
 給与に直接かかわることなのでミスが許されない。
 毎月同じルールと同じ計算式で行う必要がある。
 会社ごとに給与の計算方法が異なる。
 集計の締め切りが決まっている


ところが、同業種でもOCR入力処理を導入していただいたユーザー様は様子が違うようです。



 「機械」が手間と時間のかかる部分を行うため、「担当者」は確認作業に集中できます。だから短時間に正確なデータ入力が実現できます。
 勤務時刻が整えば、深夜分の時間計算や勤務日数のカウント、「遅刻3回でペナルティ1回」といった処理もお任せください。
 入力作業も含めた「手作業での管理」に比べ、「OCRによる管理」は、効率的でコスト面においても大きな利点 となります。 プログラムにより問題箇所がマーキングされるため、確認作業の品質向上とトータルスループット時間の大幅短縮が実現できます。

OCRの特長
大量の入力作業からの解放
 入力作業記入者や入力担当者が、時間や回数をカウントしてキーボードから入力する必要はありません。

大幅な時間短縮
 あるユーザーでは、3人で7日間(21人日)を要していた入力作業が、2人で3日間(6人日)で集計できるまでに改善されました。 業種を問わず「手書き出勤簿」の問題点を解決できるシステムです。

スムーズな確認作業
 スーパーコレクト機能でコードエラーから異常な時刻・記入漏れのチェックまで手がかかりません。
 担当者は変換結果を画面上で確認して修正すれば、短時間にクリーンなデータができあがります。

スーパーコレクト機能
 OCRで認識した社員番号と社員マスターの照合チェックを行ないます。
 「ありえない時刻」や「有給日の残業時間」などは論理チェック機能でコメントとカラー反転でワーニング表示しますので、 認識結果を1文字ずつ目で追わなくても間違い箇所が判ります。
 同一画面上に出勤簿画像と認識結果を並列表示するので画面上で すべての確認ができますし、問い合わせが必要なときは一時保留もできます。 給与計算のデータ生成と契約先請求のデータ生成が同時にできるので、派遣業にも最適です。


 ワーニング表示された箇所を順番に修正していくと、正しいデータができあがります。
 読み込んだ出勤簿が複数枚あっても、プログラムが順番にワーニングのあるページを表示するのでいちいち探し出す必要がなく、 短時間でミスのない勤怠データが完成します。
 修正作業が終わると勤怠管理アプリケーションに対応した受渡しファイルが生成されます。