入力支援システム
OCRの能力
スーパーコレクトとは?
財務会計でOCR
販売管理でOCR
勤怠管理でOCR
Scan to Mail OCR
書式サンプル
カスタムメード
導入事例
入力支援システムの応用
OCR入力代行サービス
FAQ
お問い合わせ
サイトトピックス


各種チラシ(PDF)はこちら



勤怠管理でOCR
処理内容の自由設計
 1.  開始時間〜終了時間までの勤務時間を算出できます。
 2.  エラーの項目だけでなく確認を要する項目も警告カラーでお知らせします。
 3.  時間は60進法でも10進法でも取り扱えます。(例:労働時間7.5時間、労働時間7時間30分)
 4.  5分、10分、15分、30分等の端数時間の丸めもできます。
 5.  出勤日数・有給日数・休暇日数の回数カウントできます。
    そのほか、遅刻・早退などは回数・時間両方を算出できます。
 6.  深夜勤務時間の積算や連続勤務チェックもできます。
 7.  休日出勤だけを抽出して合計計算できます。
 8.  数種類の休憩時間を記号化して差引いたり、時間帯で休憩時間を適用させることもできます。
 9.  特殊勤務時間や各種手当ては記号化して何種類でも集計できます。
 10.  複数勤務地での時間は合算集計も別集計もできます。
 11. 氏名や所属部署などをプレ印刷した出勤簿を社内で印刷することもできます。
 12.  固定勤務時間の場合には〇印で時間代入し、例外の場合だけ時刻記入しての運用もできます。